日月神示に相談しよう:愛と希望について

シェアする

日月神示と愛希望

わらびです。

「愛がすべて」とか「希望は持たない方がいい」とか、いろいろ聞きますが実際はどうなのでしょうか?

今回は、日月神示から「愛」「希望」について書かれている部分を抜粋し、紹介します。

日月神示ってなに?という人はコチラの記事からどうぞ↓

「日月神示は面白い」

夫婦愛は築くもの

愛は養わねばならんのじゃ。夫婦は命がけで、お互いに築き合わねばならんぞ。夫婦愛はあるのではない。築き上げねばならんものじゃ。生み出すのじゃ。つくりだすのじゃよ。そこに尊さがあり、喜びがあるのじゃ。(第二十七巻 春の巻 第26帖)

夫婦愛というものは存在せず、自分たちでつくりだすものだそうです。

しかも命がけで!

だからこそ、尊く、喜びもあるとのこと。

素敵です!

自己愛も大切にしないといけない

他人を愛するのは真愛じゃ。自分だけを愛するのは自己愛じゃ。自己愛を退けてはならんぞ。自己愛を拡げて大きくして真愛と合致させねばならんのじゃ。そこに新しい理(みち)が開けるのじゃよ。自己愛を悪魔と説くのは悪魔じゃからな。(第二十九巻 秋の巻 第6帖)

自己愛はナルシストだとか言って嫌う人もいますが、日月神示によると自己愛を退けてはいけないようです。

まず自分を愛せないと、他人を愛することなんて絶対できないですからね。

それが「自己愛を拡げて大きくして真愛と合致させる」の意味なのでしょう。

希望は持つ方がいい

希望は愛の現れの一つじゃ。希望は神じゃよ。希望はどんな人にも与えられているのじゃよ。希望に燃えつつ、現在を足場として生きるのじゃ。呼吸するのじゃ。同じことしていても希望を持つ人は栄え、希望を持たない人は滅びるのじゃよ。(第二十七巻 春の巻 第17帖)

希望を積極的に持つ人もいれば、希望は極力持とうとしない人もいますが、希望は良いものだそうです。

それだけでなく、「希望を持たない人は滅びる」とまで書いてあります。

希望は困難の中にいるときに自分を助けてくれます。

希望があるからこそ、頑張ることができるのです。

それは暗闇の中に浮かぶ灯台の明かりのようなもの。

希望に燃えつつ、今を生きましょう。

希望が持つパワーを知りたい時にオススメ↓

『ショーシャンクの空に』の名言から学ぶより良い人生の生き方

まとめ

夫婦愛は築き上げるもの

自己愛が他者への愛にもつながる

希望は持った方がいい

●関連記事

日月神示に相談しよう:楽を求めるのは悪いこと?

日月神示に相談しよう:引き寄せの法則は存在するのか

日月神示に相談しよう:言霊は存在するのか

ツイッターをフォローする
スポンサーリンク

シェアする

フォローする