冷やしピーマンで作るパリパリピーマンチャーハン

シェアする

わらびです。

先日、おつまみ用に冷やしピーマンを初めて作ってみました。

冷やしピーマンの作り方は驚くほど簡単。

半分に切って種を除いたピーマンを氷水に2晩漬けるだけ。

冷やしピーマン1

途中氷が溶けたら追加し、冷蔵庫で保管します。私はチルド室で保管しました。

2晩漬けたらピーマンを氷水から取り出し、塩コショウを振ったりして食べると美味しいとのことだったので、同じようにして食べてみたところ・・・

う・・・う~ん・・・?

美味しいのは美味しいけれど、何かイメージしていたのと違う感じ・・・。

とっっっても味はあっさりシンプル。

まぁ、生のピーマンだから当然か・・・。

これはメインのおつまみというより、ちょっと最初に軽く食べる感じなのがいいのかも・・・。

肉味噌がすごく合いそうな気がするけれど、いま肉味噌ない・・・・・・

とか、いろいろ考えながら冷やしピーマンをもうひとかじりしていたら・・・

(だけどこのパリパリ感すごいなぁ・・・苦みも和らいで食べやすくなっているし・・・でもなんといってもこのパリパリ感がいい・・・あっ!この冷やしピーマンでチャーハン作ってみたい!)

と急に思いつき、冷やしピーマンでチャーハンを作ってみることにしました。

冷やしピーマンでチャーハンを作る

卵、ご飯を入れ、好みの味で味付けし、最後に冷やしピーマンを投入。

冷やしピーマンは生で美味しいから、火を通しすぎないようにサッとフライパンを振ってすぐ火を止める。

これで冷やしピーマンチャーハンの出来上がりです。

冷やしピーマンチャーハン

ピーマンがいっぱい入っているチャーハンってどうなんだろう・・・と思っていましたが全然アリです!

ふわふわのご飯とパリッパリのピーマンがよく合います。

また、2晩氷水に漬けたことで和らいだピーマンの優しい苦みが良い感じでした。

冷やしピーマンで作るチャーハン美味しかったです。

それでは~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする