納豆は何回混ぜるのがいいのか?混ぜる回数で味は変わるのか?

シェアする

もるもる君
もるもる君
納豆は混ぜれば混ぜるほどいいって言うけど・・・
もるもる君
もるもる君
本当なのかなぁ?
わらび君
わらび君
試してみようよ!

「納豆はたくさん混ぜた方が良い」と言われていますが、本当のなのか気になったので実際に実験してみました。

納豆の旨みが最大になるのは約400回

いきなり結論になりますが、納豆の旨みが最大になる混ぜる回数は約400回だそうです。

これは人工知能を搭載した味覚センサーで調べた結果とのこと。

データを見ると400回までは”旨み”の数値が上昇していましたが、400回以上になると頭打ちし、400回も1000回も旨みの数値は変わらなかったようです。

ということで味覚センサーで調べられた結果としての、納豆を一番美味しく食べる混ぜ回数は400回なのですが、実際本当なのか、違いは人間が食べても分かるのか、気になったので自分でも試してみることにしました。

30回、100回、400回で比較

まずは納豆を3個用意。

納豆1

何回ずつ比較しようか迷いますが、一個目は平均的な混ぜ回数っぽい30回、2個目はなんとなく100回、そして3個目が味覚センサーで旨みが最大と計測された400回で比べてみることにしました。

混ぜるついでに、普通に混ぜて時間がどれくらいかかるのかも計ることにしました。

それから純粋に納豆の美味しさを比較するためにタレは入れずに比べます。

30回混ぜた納豆

納豆2

30回混ぜるのにかかった時間は22秒でした。

食べてみると、普通に美味しいです。

いつも食べている味。

100回混ぜた納豆

納豆3

100回混ぜるのにかかった時間は53秒でした。

100回と聞くと、なんだか大変そうですが意外と普通でした。1分もかかっていませんし。

それで食べてみると・・・

おやっ?30回混ぜた納豆と比べるとこちらの100回混ぜた納豆の方が少し味がまろやかになっています。

400回混ぜた納豆

納豆4

400回混ぜるのにかかった時間は3分57秒でした。

約4分も納豆を混ぜていたということです・・・。

流石に400回となると、けっこう時間かかります。

時間がかかって大変なのもありますが、混ぜる回数が100回以上になると納豆の糸の粘りが一段と強くなるので、混ぜる時に力をいれないといけなくなるのが大変でした。

ちょっと腕も痛くなります。

さて味の方は・・・

ムムッ!

これは全然味が違います!

30回混ぜた納豆と100回混ぜた納豆はどちらも似ていたのですが、この400回は全く別物の味です!

この400回混ぜた納豆だけ、なんか途中で旨み調味料でも足したのかな?という味がするんです。

3つを同時に食べ比べしてみる

納豆5

別次元の味である400回を食べた後すぐに、一般的な混ぜ回数である30回混ぜた納豆を食べてみます。

すると、あれっ?

最初に食べた時は「いつも食べている味だ。普通に美味しい。」と思ったのですが、400回混ぜた納豆を食べた後に食べると、味が薄く感じます。

旨みがない感じ。

あと違うのは豆の柔らかさです。

30回混ぜた納豆は豆がかため。

それに比べると400回混ぜた納豆の豆はだいぶ柔らかくなっているのです。

どちらが良く感じるかは好みだと思います。

では100回混ぜた納豆はどうかというと、豆のかたさは、ほどよい感じです。

400回混ぜた納豆の豆はだいぶ柔らかくなっているので、ある程度食感も楽しみたい人は100回くらいがちょうどいいかもしれません。

味を比べてみると100回混ぜた納豆は、30回混ぜた納豆よりもやはりまろやかさを感じます。

食感も楽しめつつ、まろやかさもあっていい感じの味です。

なのですが、400回混ぜた納豆の方がよりまろやかですし、一番食べやすい味になっています。

400回混ぜた納豆を食べた後に、100回納豆・30回納豆を食べると、物足りないというか、食べにくさを感じます。

逆に30回納豆・100回納豆を食べた後に400回納豆を食べると「おぉ!食べやすいぞ!」となってパクパク食べてしまいます。

実際一番早く食べ終わってしまったのも400回納豆でした。

味覚センサーと同じ結果になってしまい、「味覚センサーってすごいなぁ」と驚きました・・・。

結論は100回!でも400回も試して欲しい

じゃあ今度から納豆を食べる時は400回混ぜましょう!と言いたいところですが、総合的に考えて私は100回がベストかなぁと思いました。

やっぱり400回は4分かかりますし・・・腕もけっこう疲れますし・・・。

けれど30回混ぜるのにかかる時間は22秒。

そして100回混ぜるのにかかる時間は53秒。

その差は31秒です。

31秒いつもより余計に混ぜるだけで、まろやかさがプラスされ、豆もほどよい柔らかさになります。

確かに400回混ぜた納豆と比べると、もの足りない気もしますが、100回混ぜた納豆も十分美味しいので、普段はこれくらいの混ぜ回数でいいのではないかと思います。

ただ一度は400回混ぜた納豆も試してみて欲しいです。不思議なので!

究極の納豆を食べたい・・・けれど400回混ぜるのは面倒・・・そんな欲張りな人にオススメ?なアイテム。

それが「究極のNTO」

タカラトミーアーツが発売しているもので、これを使えば倍速で納豆を攪拌できるそうです。

この道具を洗う手間が増えることの方がよほど面倒そうですが・・・。

タカラトミーアーツ「究極のNTO」公式ホームページ

ホームページ見てみたら「究極のMYO」「究極のTKG」もありました。

このシリーズまだ続くのでしょうか?

それでは~。

もるもる君
もるもる君
ボクも納豆も伸び~る♪
わらび君
わらび君
みんなもお気に入りの混ぜ回数を見つけてみてね
スポンサーリンク

シェアする

フォローする