いろんな意味で面白い映画『ゾンビ』

シェアする

怖くないゾンビ映画。

何故かゾンビを応援したくなってしまうゾンビ映画。

その名も『ゾンビ』

この映画のゾンビは走ったりしない。

ノロノロとゆっくり歩き回り、常に人間の肉を探し求めている。

あまりにもゾンビの動きがゆっくり過ぎるから、ゾンビの群れの中を走り逃げ回ることが出来る。(逃げ回らないこともできる)

こんな圧倒的有利な状態なのに、少しずつゾンビ化していく人間たち。

油断しすぎたり、欲にしがみつきすぎたり、人間同士で争っているときに、ゾンビは着実に近づいてきて人間に食らいつく。

「そんなことやってる場合じゃないだろ!」

「早く逃げようよ!」(特にリロードしている時)

「だめだこの人・・・」(ヒャッハー!ヒャッハー!!)

そんないろいろな気持ちが湧き上がってきて、いつの間にかゾンビを応援している自分に気がついたり・・・。(「行け!いまのうちだ!いまのうちにかじりつくんだ!」)

もし現実にゾンビが存在したら、本当にこの映画のような状況になる気がする。

ゾンビが怖いんじゃない。

怖いのは人間の油断だ。

もう一つこの映画の面白いところは「ゾンビは人間だった頃の習慣に基づいて行動する」という設定があること。

だからショッピングモールに毎日続々とゾンビたちが集まってくる。

そんなショッピングモールに立てこもり続ける主人公たち。

本当にこれが最も安全な策なのだろうか。

ゾンビだけが相手だとそうかもしれない。

けど実際には・・・人間がいる。

油断する人間が。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする