映画『アバウト・タイム』の名言から学ぶより良い人生の生き方

シェアする

もるもる君
もるもる君
う~ん・・・なんとも言えない一日だったなぁ・・・
わらび君
わらび君
そんなもるもる君に観て欲しい映画があるよ
アバウト・タイム

今回は、映画『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』の印象に残った名言・名場面を振り返り、日常にも活かしたい心構えを考えていきます。

『アバウト・タイム』のあらすじ

人生の宝物は生きてきた日々そのもの!なにげない一日が、かけがえのない時間だったと気づく―。


イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。
どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。
そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。

弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。
ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!

なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択——。

『アバウト・タイム』公式サイトより

『アバウト・タイム』名言集

私たちの人生も同じよ。いろんな天気があるわ。楽しみましょう。(メアリー)

テントは吹き飛び、髪は激しく乱れる・・・ティムとメアリーの結婚式はあいにくの豪雨になってしまいました。

結婚式を行う日がまずかったかな?とタイムトラベルの能力を持っているティムは心配になりメアリーに「結婚式が雨になってしまったこと、後悔してる?」と聞きます。それに対してのメアリーの答えです。

おそらく、ティムはメアリーが「うん、後悔しているわ」と答えていたら、お馴染みのタイムトラベルの能力を使って結婚式を別の日にしようと考えていたのでしょう。

けれど、メアリーの答えはとても楽観的なものでした。

メアリーは豪雨の中の結婚式をかえって忘れられない思い出になったと、楽しんだのです。

メアリーはタイムトラベルの能力を持っていませんが、持っていないからこそこのような考えに行き着いたのだと思います。

きっとこの言葉にはティムもハッとさせられたはず。

突然、もう過去に戻る必要はないと感じた。人生の全てが輝いているから(ティム)

子供が生まれ父親になったティムは、タイムトラベルの能力を必要としなくなりました。

「父さんは幸せになるための秘密を教えてくれた。二つある秘密のうち一つは、普通の生活をしなさいというものだ。他の人たちと同じように。父さんの秘密の二つ目は、普通の日常をほぼ同じ過ごし方でやり直すこと。一回目の時に緊張や心配で気づけなかった世界の素晴らしさに気づけるのだと。」(ティム)

「クタクタだよ」と疲れ切った一日を父が教えてくれた秘密の通り、もう一度やり直してみたティム。

すると、教えのとおり一回目では見えてこなかった素晴らしさが見えるようになりました。起こっていることは同じなのに「いい日だった」と言える日に変わったのです。

「ついに、タイムトラベルについての最後の秘訣がわかった。父が教えてくれたものよりも一歩先を行っている。秘訣とは、たとえ1日前であってもタイムトラベルを使わないことだ。未来からこの日に戻ってきたかのように毎日を生きて、楽しむんだ。それが人生の最後の日であるかのように過ごすんだ。普通じゃない僕の、普通の人生を」(ティム)

「一日を同じように繰り返してみる(そうすると一回目では気づけなかったものに気付くことができるから)」という秘訣を父から教えてもらったティムでしたが、彼は新たな秘訣を見つけたのでした。

それはタイムトラベルを使わないこと。最初からタイムトラベルしてきたんだと思って一日を大事に過ごすこと、楽しむこと。

「僕たちはみんな、時間を旅している。毎日の人生の日々を。僕たちにできることは、この素晴らしい旅を楽しむために最善を尽くすだけだ」(ティム)

映画最後のティムの言葉。

生きることは時間を旅すること。一度きりの人生を思いきり楽しむこと。数多くのタイムトラベルを行ってきたティムがたどり着いた答えです。

「いい日」は自分で創ることができる

「クタクタだった一日」を「いい日だった」に変えることができたのは、ティムが緊張や心配をせずに、余裕を持って一日を過ごしたからです。

私たちはティムのように、過去をやり直すことができません。だから毎日がぶっつけ本番なのです。

ぶっつけ本番だから、私たちは未来を心配し、緊張したり臆病になって消極的な行動を取り、結果として一日を微妙なものにしてしまいます。

「微妙な一日」があるわけではありません。私たちの心の余裕のなさが「微妙な一日」を創り出しているのです。

存在しているのはただ「今日という日」だけ。逆に言えば「いい日」も創り出せるということです。

「いい日だった」と思えるようにするには、分かりもしない未来のことを考えて緊張したり心配しないこと。「楽しい一日にしよう」という姿勢であらゆる物事を見ることです。

「未来からやり直しに来た」と思って生きる

私たちはあたかも永遠に生きるかのように錯覚しがちです。

けれど実際は私たちは日々死に近づいています。

それにティムのようにタイムトラベルの能力も持っていません。

なんとなく生きてしまった一日を有意義な一日に書き換えることはできないのです。

一回きりの一日なら「楽しかった」だけで全部埋めてしまいたいものですが、現実には思うようにならないことがいっぱいあります。

けれど一回きりの一日だからこそ、その不運な出来事のせいでその日一日を台無しにしたくないものです。

だから、そんな出来事に遭遇した時はティムのように「未来からやり直しに来ているんだ」と思ってみてはどうでしょうか。

「この出来事で腹を立て、何もかも台無しにしてしまったのをやり直しにきているんだ」と考えることができれば、その後にとる態度も変わってくると思います。

態度が変われば結果も変わります。

私たちはタイムトラベルできないからこそ、もっと大事に一日を過ごす必要があります。

まとめ

以上「映画『アバウト・タイム』の名言から学ぶより良い人生の生き方」でした。

素敵な名言が数多くありましたが、「過去に戻っていく」様子を表したシーンもうまくできていて面白かったです。

私が一番印象に残ったシーンは、ティムとメアリーの豪雨の結婚式です。

結婚式を行う日としては最悪の天気なのですが、あまりにめちゃくちゃすぎるからか、笑っている人がいっぱいいて、とても楽しそうでした。

その出来事からのメアリーの言葉「私たちの人生も同じよ。いろんな天気があるわ。楽しみましょう」。

納得するし、とても心に響きます。

どうせ一回きりなら楽しんだ方がいい。どんな天気でも面白がって生きたいものです。

それでは~。

【追記】

この映画の「過去にもどる」「時間を巻き戻す」という能力が面白いと感じた人はゲームの「ライフイズストレンジ」もとてもオススメです。

「ライフイズストレンジ」は「人生は選択肢だらけ でも もし 選び直すことができたら」というのがテーマで、主人公の時間を巻き戻す能力を使って物語を進めていくゲームです。

結果を見て選択を決めることができるから、自分の理想通りになんでも進めていくことができそうなのですが・・・そうでもないような・・・。

『アバウト・タイム』と同じように考えさせられるゲームです。

気になった方は是非やってみてください。

みなさんは「時間を巻き戻せたらいいのに」って思ったことはありますか?ライフイズストレンジというゲームはまさにそれをテーマにしたゲームで、私はクリアしたのですが内容がとても良かったのでみんなにも知ってもらいたいと思い記事を書いてみました。
もるもる君
もるもる君
「未来からやり直しに来ているのかも」って思って過ごしてみると・・・
もるもる君
もるもる君
日常の景色がいつもと違って見えてくるよ!
わらび君
わらび君
心の持ち方しだいってことだよね
スポンサーリンク

シェアする

フォローする