バナナを長持ちさせる保存方法って?冷蔵庫と新聞紙で解決!

シェアする

もるもる君
もるもる君
ボク、バナナを毎日食べるんだけど、全部食べ終わる前に真っ黒になっちゃうんだ・・・
わらび君
わらび君
なにかいい方法ないのかな?

バナナを毎日食べるんですけど、一人ではなかなか美味しい状態で食べきることができません。残りの2本とかは黒くなっていて味もイマイチ・・・。なんとか、バナナを美味しい状態で食べきりたいと思ってある方法を試したところ解決したので皆さんに紹介します!

バナナの経過日数による味の違いはコチラ↓の記事にまとめました。

バナナの食べごろっていつなのでしょうか?私は毎日バナナを食べているので大体どのタイミングで食べるのが一番美味しいか分かってきました。今回はシュガースポット別に私が食べた感想と食べごろポイントを紹介します。

目次

ただ冷蔵庫で保存するだけでは・・・

野菜室と新聞紙でバナナを冷気から守るべし!

まとめ

ただ冷蔵庫で保存するだけでは・・・

冬に買うバナナは常温に置いていても長持ちするのに、今の季節になると食べ終わるころには真っ黒になってしまうことから、単純に温度の低いところに保存すれば解決するのではないかと思いました。

ジップロックバナナ

そこで、ジップロックにバナナをイン!!

そしてストローで空気を抜いて・・・冷蔵庫の冷蔵室へイン!

これを常温にそのまま置いたバナナとの経過の違いを観察します。

1日後・・・

1日後

既に変化が現れました!

常温バナナには小さなシュガースポットが出てきています。熟れてきている証拠です。

一方のジップロック真空冷蔵室バナナは一日前と同じ状態です。

良いスタートです!!

2日後・・・

2日後

常温バナナのシュガースポットの数が増えています。

一方の冷蔵バナナは少しシュガースポットらしきものが見えるものの、その数の差は一目瞭然。バナナの成熟を遅らせているのは間違いありません!

でも少し冷蔵バナナの色が全体的に黒くなってきているような・・・

わらび君
わらび君
なんか危険な予感・・・

3日後・・・

3日後

ショッキングな状態になってしまいました!

常温バナナのシュガースポット数が云々・・・という話どころではなく、冷蔵バナナに異変が!!

なんか全体的に黒いっ!!

もるもる君
もるもる君
いや~!!(涙)

常温バナナはこれ以上置いておいたら真っ黒路線確実なので、ここで食べることに・・・

うん、普通にバナナだ。

4日後・・・

いよいよ冷蔵バナナを食べる時がきた・・・

どのようになっているかというと・・・

4日後

くっ・・・黒い・・・!!

匂いもなんというか冷蔵庫の匂いのようなジップロックの匂いがして美味しそうとは思えない。

外見がこれじゃさぞかし中身もヤバイのだろうと思って皮を剥いてみると・・・

4日後中身

あらっ??中身はキレイ・・・。

それならばと勇気を出して食べてみると、

意外とフツー。苦いとか不味いとかはない。普通の買ったばかりのバナナ。

冷蔵室に入れた時から時が止まっている感じ。

ただ!なんというかバナナ独特の風味が全部飛んでしまっている気がする。

香りも冷蔵庫&ジップロック臭がするし、これはこれでちょっとなぁ~・・・という感じ。

もるもる君
もるもる君
匂いが気になって美味しく食べられない・・・

まぁ、常温に置いて熟れすぎて真っ黒になったバナナよりはマシというレベル。

私が求めていたバナナの保存方法はこれじゃない・・・という気持ちが溢れ次なる方法を考えた。

野菜室と新聞紙でバナナを冷気から守るべし!

バナナについて少し調べてみたところ、バナナは温かいところではたくさん呼吸をしエチレンガスという老化ホルモン(=成熟ホルモン)を発生させ、それによって更に熟すスピードが上がるそう。

でこのエチレンガスが近くにあると、他の果物にも影響するため周りの果物もどんどん成熟していくみたい。

だから、ある果物を早く熟させたい場合エチレンガスを発生させるりんごや熟したバナナを一緒にビニールに入れることで、その一緒に入れられた果物も早く熟すことができるらしい。

つまり!逆に言えば!房のうちの一本のバナナがすごく熟していると残りのバナナもものすごい勢いで熟してしまうということになるのだ!

しかし、このエチレンガスは気温の低いところにバナナを置くとバナナの呼吸を抑えられガスの発生も少なくなるそう・・・。

そこで、思いついた方法が!

野菜室&ラップ&新聞紙&保冷バック作戦!!

バナナラップ

まず、バナナをラップで包むことによりエチレンガスの発生を抑える。

そして、新聞紙で覆うことでバナナを極端な冷えから守る。

さらに、保冷バックの中で保存することでバナナを一定の温度に保つ。二重に冷気をシャットダウンするイメージ。

保冷バックバナナ

最後に、冷蔵室はバナナにとっては極寒らしいので野菜室で保存して適度な涼しさで保存する。

もるもる君
もるもる君
ここまですれば・・・上手くいくはず!

1日後・・・

保冷1日後

さすがに一日しか経っていないからか、バナナの見た目は綺麗なまま。

味にも問題なし!

2日後・・・

保冷2日後

バナナに少し黒い傷が入っているけど、これはもともと付いていた傷。

見るところシュガースポットは無し。味も一日後のバナナと同じ。

3日後・・・

保冷3日後

少し小さなシュガースポットが見えるものの、味には変化は全くない。

4日後・・・

保冷4日後

シュガースポットが出てきた。

でも、やっぱり味に変化はあまり感じられない。

5日後(最終日)・・・

保冷5日後

見た目は4日後のバナナとほぼ同じ。

味は1日後のバナナとほぼ変わらない。

ラップ+新聞紙+保冷バックが効いているのか、冷蔵庫臭なども一切しない。

だから、買ってきたばかりの常温バナナとこの野菜室5日後バナナを目隠ししてもどっちがどっちか当てられないと思うし、冷蔵庫に入れてあったバナナとは誰も気づかないと思う。

皮を剥いてもこの通り。

今回実験した3つのバナナを比べてみる

常温3日バナナは柄の部分が真っ黒になっていてやせ細っている。

3日後

写真左が常温3日バナナ

このレベルになるとバナナの真ん中の部分が少し苦くなっているのだ。

冷蔵室4日バナナは見た目が悪いものの味はそこまで悪くなかった。

4日後

冷蔵4日バナナ

でも、匂いがあまりいただけないし、風味もとんでていて「美味しい」とは言い難い・・・。

そしてやっぱり見た目が悪い。

野菜室5日バナナは外見が良いだけでなく、味も買ってきたばかりのバナナと違いがなかった。

保冷5日後

野菜室保冷バック5日バナナ

この方法で保存すれば、一人でもバナナを最後まで美味しく食べきることができることが明らかになった!

もるもる君
もるもる君
やった~!!

しかも、今の季節はこのひんやりとしたバナナが美味しさアップ!

冬に食べる時は、冷蔵庫から出してすぐだと少し冷たいかもしれないのでちょっと時間を置いて食べるといいかもしれない。

私は甘さが控えめなバナナが好きなので買ってきたばかりのバナナをすぐに冷蔵庫に入れたけれど、熟したバナナが好きな人は少し常温でバナナを熟させてからこの方法で保存するといいと思う。

バナナはラップ、新聞紙、保冷バックで包んで野菜室で保存

まとめ

いかがでしたか?

自分でもまさかこんなに美味しい状態のバナナを保てるとは思っていなかったので驚いています。これで毎朝バナナの変化に怯えずに済みます!(笑)

もるもる君
もるもる君
これで安心してバナナが食べられる~♪
わらび君
わらび君
やったね!もるもる君!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする