新車カブ(JA44)の慣らし運転の方法についていろいろ調べてみた

シェアする

もるもる君
もるもる君
スーパーカブ110を買ったはいいけど・・・

もるもる君
もるもる君
「慣らし運転」はどうするのかな?

わらび君
わらび君
そんなもるもる君の為に今回は「慣らし運転」についてまとめてみたよ!

慣らし運転について

2018年型スーパーカブ110(JA44)の購入にあたって、「慣らし運転」ってどうやったらいいのか、そもそも必要なのか疑問に思ったため、いろいろ調べてみて考えがまとまったので紹介します。

目次

カブの「慣らし運転」は必要派と不必要派に分かれる

オーナーズマニュアルにはなんと書いてあるのか

「慣らし運転」必要派の慣らし運転方法とは

私がしようとする慣らし運転

まとめ

カブの「慣らし運転」は必要派と不必要派に分かれる

スーパーカブを新車で購入した場合の「慣らし運転の方法」について調べてみると、「慣らし運転は必要である」という意見と「慣らし運転は不必要である」という意見の二つに分かれていることが判明しました。

それぞれの意見の理由についてまとめると・・・

「慣らし運転」必要派の理由

  • 「慣らし運転」をするのと、しないのでは寿命が違うから
  • 「慣らし運転」をしないと、機械にあまりよくないから
  • なんとなくしておいた方がいい気がするから

「慣らし運転」不必要派の理由

  • カブだから
  • 甘やかすと逆に良くないから
  • 「慣らし運転」をしなくても寿命が長いから(経験談)
  • 「普通の運転」をするだけで十分だから(←別に「慣らし運転」を意識する意味はないということ)
  • 逆に回した方がいいから(謎)

オーナーズマニュアルにはなんと書いてあるのか

必要派と不必要派の意見を調べていると、どっちの言っていることが正しいのか(そもそもどっちも正しいのか)よく分からなくなってきて、メーカー自体はなんと言っているのか気になったので「スーパーカブ110のオーナーズマニュアル」を見て調べてみたところ、

【慣らし運転】

適切な慣らし運転を行うと、お車の性能をより良い状態に保つことができます。

<慣らしのポイント(走行距離500kmまで)>

・急発進、急加速をさける

・急ブレーキ、急なシフトダウンをさける

・控えめな運転をする

HONDA スーパーカブ110 オーナーズマニュアルp5より

と書いてありました。

なお、オイル交換時期については

初回:1,000kmまたは1ヶ月

以後:3,000kmまたは1年ごと

HONDA スーパーカブ110 オーナーズマニュアルp68より

また、新車から1ヶ月目(または、1,000km時)は販売店で無料点検を行ってくれるみたいです。

「慣らし運転」必要派の慣らし運転方法とは

オーナーズマニュアルとは別に、「慣らし運転」必要派の方たちなりの慣らし運転方法があったので、それもまとめておきます。

  • 「急」のつく運転をしない(←オーナーズマニュアルと同じ)
  • 1,000kmまではレッドゾーンまで回さない(→カブはタコメーターが無いので感覚で)
  • スロットルの捻り加減を7割程度にしておく
  • 法定速度を守るだけで十分

さらに、初回オイル交換時期については、

  • 納車時に一度即交換!(→理由はなんのオイルが入っているか不安なためだそうです。)
  • 500kmで一度交換し、1,000kmで2回目の交換
  • 1,000kmの初回点検無料時に交換

の約3パターンがありました。

私がしようとする慣らし運転

慣らし運転について調べてみるといろんな意見がありましたが、私はほぼHONDAオーナーズマニュアルに書いてある通りにやろうと思います。

具体的な方法としては、

・走行距離500kmまでは「急」のつく運転はしない

・走行距離500kmまでは控えめな運転を心がける

→極端に回しすぎない

・走行距離1,000km時に初回オイル交換を行う

になります。

まとめ

今回慣らし運転について調べてみて「10人のカブ乗りがいれば、10の慣らし運転方法」があるんだな~と思いました。自分の大切なカブなので、自分が納得する慣らし運転を行っていきたいですね。

もるもる君
もるもる君
慣らし運転にもいろんな方法があるんだね

わらび君
わらび君
乗り味がどんな風に変わっていくのか楽しみだね!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする