空調服を着てバイクに乗ってみた!意外とイケる!?

シェアする

もるもる君
もるもる君
あ・・・暑い・・・もう何もやる気が起きない・・・
わらび君
わらび君
そんなもるもる君にこれを授けよう・・・空調服をっ!!
もるもる君
もるもる君
空調服~!?
夏空

この季節になってくるとツーリングは大変ですよね。走っているときはなんとか我慢できても、信号待ちの暑さがもう大変!気温はなんとかならなにしても、せめて風だけでも・・・あっ!それなら!と思い空調服を着てバイクに乗ってみたことがあるのでその時の話をします!

目次

そもそも空調服ってなに?

実際に空調服を着て走ってみたら・・・

空調服で店内を歩いてみたら・・・

まとめ

そもそも空調服ってなに?

空調服というのは、簡単に言うとファンの付いている作業服です。

前からみるとただの作業服なのですが、後ろから見てみると・・・

空調服 前

なんと!ファンが付いています!!

空調服 後ろ

空調服の内側に電源スイッチを入れるポケットがあり、電源を入れると

ぶぉぉぉぉおおおおお!(最高風量)

という掃除機をかけているかのような音がして、一気に空気が外から空調服の中へ送られてきます。

そうなるとどうなるか分かりますか?

もるもる君
もるもる君
えっ?涼しいんじゃないの??

と思ったかた・・・それは二の次です!

空調服で一番目立つのは涼しさでも音でもなく見た目!!

そう!スイッチをいれた途端ぶわわわーーー!!と一瞬で膨らむんです。

空調服スイッチイン
わらび君
わらび君
バルーン人間みたい・・・

でも暑いから仕方ない!暑いけどバイクに乗らなきゃいけない!
そうして空調服を着て外へ出かけたのであった・・・。

実際に空調服を着て走ってみたら・・・

このようにして真夏の暑さの中、空調服とフルフェイス、下はジーパンという極めて異様な格好でバイクに乗りました。

ヘルメットを被ったり、グローブをはめている間いつもは暑いのだけれど、空調服を着ているおかげで風を感じるのでそこまで暑くなかった。

これは思っていたよりいいかも。

そして実際に走ってみる。走っているときはけっこう普通の洋服を着ている人もバルーン人間になっていることがあるので、空調服とはあまりバレていない気がする・・・(個人の感想です)

でも、信号で止まっても・・・

信号待ち 空調服

バルーン人間のままだー!!

風は止んでいるのに、あの人の洋服は膨らんだまま・・・いったいどうなっているの!?

という運転手の疑問の声が聞こえてくるかのように、どの運転手も何故か私から離れた場所で停止する。

わらび君
わらび君
格好が異様すぎてみんな恐怖心を抱いているのかも・・・

でも、そのおかげで寂しさはあるものの、運転手の人がものすごく用心して(警戒して)避けてくれるのでいつもより走りやすかった。

そして、信号待ちのときもあの地獄のような暑さは感じなかった。
冷風ではないものの、空調服の中を下から首へ風が抜けていくだけでだいぶ涼しかった。

もるもる君
もるもる君
やっぱり風ってすごい!

そして目的地のスーパーにたどり着いた。

空調服で店内を歩いてみたら・・・

さすがに店内でバルーン人間になっていたら、周りの人から怪奇の目で見られると思ったので、チャックを全部開けて店内に入った。

こうすることで例え風量全開でもバルーン人間になることは避けられるのだ!(・・・とは言うものの若干背中部分は膨らむ。これは空調服の下部分がゴムで縛ってあるため)

もるもる君
もるもる君
若干は膨らむのかぁ・・・

ぶぉぉぉおおおおお!という掃除機並の音がしているものの、店内はBGMがかかっていたりと賑やかなため、そんなに目立ちはしない。

レベル的にはよっぽど近づいてこられるとバレるかな?というレベル。

そして生鮮コーナー等の冷気が漏れている場所に行くと・・・

すごく冷た~い!!

もるもる君
もるもる君
ひえ~る♪

冷気という冷気をファンが吸い込むせいで空調服の中が一気にひんやり!

店内 空調服

寒いのが苦手な人には寒すぎるかもしれないが、私はどちらかというと暑がりなので我慢できるレベル。

そして問題のレジでは、私から掃除機の音がしていると店員さんに思われるのはさすがに恥ずかしいと思ったので、少し風量を弱めた。風量の調節は簡単にできるのでこれは助かった。

かすかにふぉぉおお・・・と音がしているものの多分バレずにお会計も済ませることができた。(別に風量最大でも問題なかったかも・・・?)

帰りも暑かったけれど、信号待ちのときに風を感じることができるのでいつもより楽だった。

空調服・・・けっこういいかも??

まとめ

いかがでしたか?空調服は着ているときの見た目はものすごいやばさがありますが、バイクに乗っているときはヘルメットを被っている(顔が見えないタイプ)のでそんなに恥ずかしくはありませんでした。

それよりも信号待ちの時の暑さが和らぎ、快適にバイクに乗ることができたことが嬉しい気づきでした。バイクと空調服って相性がいいんじゃないでしょうか?

もるもる君
もるもる君
ようし!ボクも着てみよーっと。スイッチオン!・・・・ってうわぁああ!!
わらび君
わらび君
あぁ!もるもる君は軽すぎて飛んで行っちゃう!戻ってきて!もるもるくーーーん!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする