【小型二輪】シート高が低いバイクまとめ【125cc以下】

シェアする

もるもる君
もるもる君
わらび君、ボク背が低いんだけどそんなボクでも乗れるバイクってあるかな?
わらび君
わらび君
それならシート高の低いバイクがオススメだよ!
dirt-bike

バイクを選ぶにあたって足つきは一番重要な部分ですよね。それで今回は身長の低い人向けのシート高が低いバイクをまとめてみました。

今回まとめたバイクは小型二輪の教習車と同程度のシート高になります。これくらいであれば身長が低めな人でも、なんとか乗ることができると思います。

また、手に入りにくかったりプレミアがついているようなバイクは除外しました。それではメーカー別に見ていきましょう!

「小型二輪ってそもそもなに?」って方はコチラ↓の記事を是非参考にしてみてください。

目次

カワサキ

スズキ

ホンダ

ヤマハ

まとめ

カワサキ

エリミネーター125

エリミネーター125

・シート高  680mm

・重量    132kg

・タンク容量 13L

・ギア数   5速

・排気量   124cc

アメリカン・クルーザータイプのバイク。

重そうに見えるのに重量は132kgと小型二輪の教習車であるCB125Fとほぼ変わらない重さ。

それでいてシート高は680mmという抜群の足つき性を図るからもはや立ちごけとは無縁かもしれない。

KSR 110PRO

KSR110pro

・シート高  750mm

・重量    95kg

・タンク容量 7.3L

・ギア数   4速

・排気量  111cc

ミニバイクタイプのバイク。

ブレーキが前後ディスクなのがカッコイイ。

ただ、ギア数が4速なのと排気量が111ccという少し中途半端な感じが惜しい気もする。

それでも重量がまさかの100kgも切っているという驚きの軽さであり、スリムな車体であることから取り回しのし易さはピカイチだろう。

スズキ

マローダー125

マローダー125

・シート高  680mm

・重量    125kg

・タンク容量 14L

・ギア数   5速

・排気量  124cc

アメリカン・クルーザータイプのバイク。

シート高は先に挙げたエリミネーター125と全く同じ高さであるが重量がエリミネーター125に比べると7kg軽い。

GN125H

GN125H

・シート高  740mm

・重量    110kg

・タンク容量 10L

・ギア数   5速

・排気量  124cc

「THEバイク」なバイク。

シート高・重量・タンク容量全てにおいて申し分ないスペック。

このバイクの最大の利点はなんといっても価格。新車でも乗り出し価格の平均が約18.9万円であるから大変お求めやすい値段である。

ある意味最強のバイクかもしれない。

ホンダ

エイプ100

エイプ100

・シート高  715mm

・重量    90kg

・タンク容量 5.5L

・ギア数   5速

・排気量   99cc

ミニバイクタイプのバイク。

シート高、重量から察して小さそうだが実際見ても結構小さい。

その分取り回しはし易いと思う。それであってギア数も5速あるので気軽にバイクを楽しみたい人には向いているバイクかも。

グロム

グロム

・シート高  760mm

・重量    104kg

・タンク容量 5.7L

・ギア数   4速

・排気量   124cc

ミニバイクタイプのバイク。

小型2輪の中で数少ない新車で買うことのできるバイクであり、平均乗り出し価格は約32万円。

前後ディスクブレーキで足回りもカッコイイ。

小さな見た目の割にシート高は760mmとやや高め。

見た目が印象的。

XR100モタード

xr100

・シート高  750mm

・重量    86kg

・タンク容量 5.7L

・ギア数   5速

・排気量   99cc

モタードタイプのバイク。

この手のバイクって意外とシート高が高いことが多いけれど、これは750mmと安心の足つきである。

それに加えて重量が90kgを切っているから相当軽い。

ブレーキも前後ディスクでギア数も5速あるので排気量を気にしなければすごくいいバイクだと思う。

スーパーカブ110

supercub110

・シート高  735mm

・重量    99kg

・タンク容量 4.3L

・ギア数   4速

・排気量   109cc

言わずと知れた名車、スーパーカブ110。

その見た目と乗り心地の良さは多くの人々を魅了している。

乗ったことがある人にしか分からない楽しさがカブにはある。

ギアは4速あるものの、遠心クラッチを採用しておりクラッチレバーがないため、エンストの心配がない。

また、小型二輪AT免許で乗れるのも魅力である。

スーパーカブの仲間にクロスカブ、スーパーカブC125があるが、どちらもシート高は780mmを超えており、カブとはいえども中々のシート高がある。

しかし、スーパーカブ110はシート高735mmと低く、重量も100㎏を切っていて軽量なため、誰にとっても乗りやすいバイクである。

一度乗って見れば納得する、そんなバイク。

ヤマハ

YB125SP

yb125

・シート高  760mm

・重量    115kg

・タンク容量 10L

・ギア数   5速

・排気量   124cc

スズキのGN125Hのライバル車的なバイク。

平均新車乗り出し価格も約20万円とコチラも大変お求めやすい価格である。

重量・タンク容量・ギア数・排気量はほぼ変わらず、大きな違いはGN125Hより2㎝高いシート高。なので何よりも足つきを優先させたい人はGN125Hの方がいいだろう。

もう一つの違いはデザイン。

YB125SPの方が少しスタイリッシュな外観。例えばGN125Hのウインカーに比べるとYB125SPのウインカーはだいぶ小さい。

まとめ

いかがでしたか?

こうしてまとめてみると身長が低い人でも乗れそうなバイクは意外とたくさんあることが分かりましたね。シート高にこだわらなくても、ローダウンっていう手もあるので実際に乗れるバイクはもっと多いと思います。

この記事が小型バイク選びで迷っている人の助けに少しでもなれれば幸いです。

もるもる君
もるもる君
へっへっへ~♪見てよわらび君!ボクシート高が3㎝のバイク作っちゃったんだ
わらび君
わらび君
・・・(いくらなんでも低すぎなんじゃ・・・)

ゴゴッ!!

もるもる君
もるもる君
うわ~ん!シートが低すぎてつっかえちゃったよ~!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする