【続】バイクにウィンドスクリーン(風防)は必要か?:感想編

シェアする

もるもる君
もるもる君
風防を取り付けた感想が気になるな~
もるもる君
もるもる君
風防はアリなのかナシなのか・・・今夜明らかに!!(テレビCM風)
わらび君
わらび君
もっ・・・・もるもる君!?
風防は必要か

前回の記事で「バイクに風防は必要なのか?」ということについてメリット・デメリットを紹介しました。

今回は実際に風防を取り付け、慣らし運転も終わり、ある程度の距離を走ってきたのでその感想を紹介します。

目次

疲れにくくなるは本当だった

走行時の静穏性がアップ

一時的なグローブ置き場が出来た(笑)

見た目が気に入った

結論:風防は必須アイテム!

疲れにくくなるは本当だった

前の記事で「疲れにくくなるのかな?私でも・・・」みたいにうだうだ言っていましたが、”疲れにくくなる”は本当でした。

実際に取り付けた風防はコチラです↓

その名の通りショートタイプのバイザーなのですが、身長の低めな私がカブに跨ると風防は顎の辺りまできます。

それで、実際に走行してみると顎辺りまでは無風なのです。

他に風が当たるのは肩付近。

当然ながら足はレッグシールドに覆われているので、本当に風が当たる部分は肩と顎上のみ!

このおかげで”疲れにくい”のです!

正直、風防付けて走行してみるまでは「風で疲れるってどういうこと?」「私、そんなに疲れを感じたことないんだけど」って思っていたくらいなのですが、走ってみてビックリ!

楽です!

「今までは無意識の内に風で疲れていたんだな~」と実感させられました。

イメージで言うと、今までは無意識に風圧に耐えるために体を前のめりにしていたのが、どっしりと力を抜いて座れるようになった感じです。

だから、”疲れにくくなる”は本当でした!

追記:

受ける風が大分減ったといっても顎上、肩には風を感じるので「夏は暑い」ということもおそらく無いと思います。

走行時の静穏性がアップ

意外だったのが、走行中の風切り音が減ったおかげで静かになったことです。

今まで走行時は「ぶぉ!ぉぉおおおおおお!」と聞こえていたのが、「ふぉお・・・おおおお」くらいに減ったので今まで聞こえなかったエンジン音が聞こえるようになりました。

おかげでインカムの音も聞こえやすくなりました。

一時的なグローブ置き場が出来た(笑)

これも付けてみて気づいたメリットなのですが、風防を取り付けたおかげで一時的なグローブ置き場ができました。

料金所でお金を払ったり、信号待ちでナビを設定する時ってグローブを外すことがあるんですけど、その時意外と置き場所に困るんですよね。

そんな時この風防が壁のようになってくれているおかげで、落ちる心配なくグローブを置くことができるんです。

ちょっとしたことなのですが、これがすごく便利です。

見た目が気に入った

風防を取り付けるまでは、”日常の足として使われているカブっぽさ”があったのですが、風防を取り付けただけで旅カブ感がアップしました。

”旅カブ”(主に旅・ツーリング用途に使われているカブ)が好きな私としては、これも嬉しいメリットでした。

結論:風防は必須アイテム!

今この記事を読んでいて、風防をつけようか・つけまいか悩んでいる方々へ・・・

風防取り付けましょう!!

もう、風防はバイクに必須アイテムと言ってもいいくらいメリットの宝庫です。

私なら、絶対何にでも取り付けます。

風防は少し価格が高いですが、それ以上の恩恵があります。

というかデメリットは今のところ見つかっていません。

私が取り付けたものはショートタイプだからか、横風に煽られるということも特に感じませんでした。

本当に風防オススメです。

気になっている方は是非取り付けてみてください。

ツーリングがより快適になりますよ~♪

もるもる君
もるもる君
みんなの噂通りメリット尽くしみたいだね!
わらび君
わらび君
これは付けない手はないね!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする