原付一種と原付二種の違いまとめ―比較してみえてくるもの

シェアする

もるもる君
もるもる君
原付バイクってどれも似てるけど違いってあるのかな?
わらび君
わらび君
原付には一種と二種があるんだよ
スクーター

原付一種と原付二種の違いって知っていますか?スーパーカブ50とスーパーカブ110、見た目は似ているけれど、法的制限とか必要な免許とかいろいろな点で違うんです。今回はそんな原付一種と原付二種の違いについて、どちらも乗ったことのある私が感想を踏まえながらまとめてみました。

目次

原付一種はこんなバイク

原付二種はこんなバイク

走りやすいのは断然原付2種

まとめ

原付一種はこんなバイク

原付一種は「50cc」または単に「原付」と呼ばれることが一般的です。

道路交通法における車両区分としては原動機付自転車と呼ばれ、50cc以下のバイクを指します。

原付一種は原付免許または普通自動車免許を持っていれば乗ることができます。

原付免許であれば教習所に通ったりせずに取得できるので手軽に乗ることができるという点では魅力的です。

また、原付免許を持っていなくても普通自動車免許を取得すれば原付にも乗ることができるので大抵の人はこのパターンだと思います。

原付一種の軽自動車税は2000円で、自賠責保険は一年だと7500円です。

免許も簡単に取れて、税金も安いことで大変便利な乗り物のように見えますが・・・

実際には様々な制限が課されているのです!!

いったい誰のため?30㎞/h制限

原付一種の最大の欠点・・・それは言わずと知れている

30㎞/h制限があることです!!

実際に30㎞/hで走行してみると分かりますが、頻繁に車に追い抜きされます。

用心して追い抜いてくれるドライバーの方もいますが、スレスレで追い抜いていく車も!!

非常に怖いです。

もるもる君
もるもる君
わわっ!こんなにギリギリで怖すぎてのび~る・・・!

また、追い抜いてもらうときはなるべくフラフラしないようにハンドルをしっかり握ってミラーを見ながら

「いつ追い抜くんだろ?まだかな?まだかな?」

ってしているから疲れるし、色んな意味で危険!

でも、追い抜いてくれるときはまだ良いかも・・・

なぜかというと、例えば片側一車線の道路で対向車も多い場合、自分がどんなに左に寄っても道幅が狭かったり対向車とのタイミングが合わなかったりでなかなか抜いてくれない(抜けない)車がずーーーーーっと後ろについていることがあるんです。

そして、その車の後ろには車がズラーーーーーっと

自分は30㎞/hを守って左寄りを走っていても申し訳ない気持ちとせかされているような気持ちと、ドライバーの方がイライラしているのが伝わってくるんです。

これが本当に精神的にキツイ。

それで何度も危ない追い抜きに遭いました。

もるもる君
もるもる君
いったいどうすればいいの?

車の流れに乗れば安全ですが、そこに30㎞/h制限の壁が立ちはだかるんです・・・

そして、原付一種だと道路の極めて左の部分を走ることが大半ですがこの左部分走りにくいんです!

車によって弾かれた小石や枝などがたくさん落ちていて乗り心地は最悪。

パンクしたりするんじゃないの?

と思うくらい色んなものが落ちています。

みなさんも機会があれば道路の左端がどうなっているのか見てみてください。

ちょっと無理があると思う二段階右折

30㎞/h制限の次に厄介だと感じていたのがこの二段階右折。

この二段階右折は

・二段階右折の標識がある道路

・片側3車線以上の道路

・一方通行で3車線以上の道路

の場合する必要があります。

二段階右折の方法は、

①第一通行帯走行時(左端)交差点手前で右ウインカーをつける

②右ウインカーをつけたまま交差点に進入する

③行きたい方向にバイクを向け停止

となります。

別にこれ自体はちょっと無理がある気もしますが何も難しいことはなく、むしろ安全に右折する手段としては合理的とも思います。

で・す・が!

問題は「二段階右折禁止(=小回り右折)」の標識がある場合です!

この標識がある場合は当然ながら二段階右折はできません。なので車と同じ方法で右折することになります。

みなさんは車を運転していて次の交差点を右折しなければいけない場合、3車線あったらどこを走りますか?

多くの人は前もって第二通行帯を走行していると思います。だって次の交差点で右折レーンに移らないといけないので。

ですが原付だと二段階右折のつもりでずっと第一通行帯を走行しています。そして、この二段階右折禁止の標識がけっこうギリギリになって設置されているんです!

車だったらとっくに第二通行帯にいるぐらいの距離。

ここから「あっ!二段階右折ダメじゃん!」って思って、第二通行帯に移ってそれから右折レーンに移ってってものすごく大変!

よく通る交差点とかなら覚えているから問題ありませんが、初めて通る道路の場合これには結構悩まされました。

わらび君
わらび君
しかも走りながらだと意外とこの標識見落としやすいんだ

二段階右折なら全部二段階右折、小回りなら全部小回り、とにかくどっちかだけにして欲しいと思います。

その他いろいろ

先に挙げた制限が原付一種の一番厄介な制限でしたがその他にもちょこちょこっとしたのがあるのでまとめると・・・

・二人乗り禁止

・登坂が厳しい

デメリットばかり挙げてきましたがメリットも・・・

・バス専用レーンが走れる

・50cc以下しか停められない駐輪場でも停められる

という良い点も”少し“あります。

原付二種はこんなバイク

原付二種は一般に「原2」と呼ばれることが多いです。

道路交通法における車両区分は小型自動二輪車と呼ばれ51~125ccのバイクを指します。

原付一種は制限だらけでしたが原付二種になるとこれがどう変わるのでしょうか?

原付二種に乗るには最低でも小型自動二輪の免許が要ります。なので一発試験で取るか、教習所に通って取得するかの二択になります。

さらに小型自動二輪免許にも二種類あり、それがAT限定かMTかということです。

AT限定だとクラッチなしのタイプしか乗れないので、クラッチ付きのバイクに乗りたければ小型自動二輪MT免許を取ることになります。

もるもる君
もるもる君
え~~っと、カブは?
わらび君
わらび君
カブには遠心クラッチはついているけどクラッチレバーはついていないからAT限定でも乗れるよ

軽自動車税と自賠責については、なんと原付一種と全く同じで

軽自動車税=2000円  自賠責1年=7500円です。

それで気になる制限は・・・

車と同じ60㎞/h制限で安全に走行可能

原2だと制限速度は車と同じ60㎞/hになるので、車の流れに乗ることができ安全に走行できます。

また、第一通行帯通行義務等もないので本当に車と同じ感覚で走行できます。いろんなものが落ちていて危険な左端を通行しなくてもいいのです。

ちょっとおかしな二段階右折の必要もナシ!というか・・・

原2だとあのちょっと厄介な二段階右折もしなくていいのです!というのは半分あってて半分間違い・・・

というのも原2いわゆる小型自動二輪車は道路交通法では原付に当てはまらず、自動車に該当するので

二段階右折はしたくても禁止

なんです。

なのでしてしまった場合は交通違反になってしまうので注意が必要です。

でも、できなくなったデメリットよりしなくていいメリットが大きいから何の問題もないと思います。

その他いろいろ

この他にも原2だと

・二人乗りが可能(シートとステップが必要)

・坂もだいぶ登る

・加速が良い

デメリットとしては

・バス専用レーンが走れない(場所によってはバイク自体が可能な所もアリ)

・50cc以下のみの駐輪場には停められない(でも意外と原2まで可能な駐輪場ってあります)

が挙げられます。

ちなみに高速道路は原付1種でも原付2種でも走行不可です。

走りやすいのは断然原付2種

以上が原付1種と原付2種の違い・比較でした。

私は最初、原付1種のバイクに乗り、免許を取得後原付2種のバイクに乗り換えましたが、断然2種の方が乗りやすいと感じています。

走りやすくなったと感じる一番の要因は、やっぱり

車の流れに乗ることができる

ということです。

これによってだいぶ安全に走行できるし、精神面でも楽になりました。

もるもる君
もるもる君
ふぅ~安心・・・

なので現在普通自動車免許や原付免許しか持っていなくて、不便さや怖い思いをしている方は是非最低でも小型自動二輪車の免許を取得して原付2種のバイクに乗ることを非常にオススメします。

私の小型自動二輪車MT免許を取得するまでの教習所での様子や、身長が低い人向けのコツなどはコチラ↓の記事でまとめているので、読んだことのない方は是非読んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?原付1種と原付2種の違いがお分かりになっていただけたと思います。

教習所に通うか一発免許で取得する費用が必要なのは大きいですが、税金や保険は全く同じ料金でこれだけの制限から解放されるので原付1種から原付2種への乗り換えは非常に魅力的といえます。

悩んでいる方は是非検討されてみてください。

もるもる君
もるもる君
わ~お!見た目は似ているけれどできることは全然違うんだね
わらび君
わらび君
運転してみると他にもいろんな違いがみえてくるよ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする