カブ定番のリアボックスまとめ

シェアする

もるもる君
もるもる君
カブにリアボックスを載せようと思うんだけど・・・

わらび君
わらび君
今回はそんなもるもる君の為に定番のリアボックスをまとめるよ!

リアボックスまとめ

カブといったらリアボックス!というくらい、ボックスを積載したカブを多く見ますが、その種類は様々です。今回はこれからカブにリアボックスを載せようと考えている人の為に、定番のボックスを自分なりにまとめてみました。

目次

カブにリアボックスは必須アイテム

みかん箱、採集コンテナ

木箱

純正ビジネスボックス

純正ラゲージボックス

アイリス箱

アイリス コンテナボックス

巨大ボックス

JMSラゲージボックス

集配用大型キャリーボックス

まとめ

カブにリアボックスは必須アイテム

カブって積載力があるようなイメージですが、意外とドノーマル状態のカブは積載力はないんです。

スクーターと違って、シートの下は燃料タンクになっているのでノーマル状態で積載できる場所と言えば、コンビニフックリアキャリアくらいしかありません。

ただ、コンビニフックはその名と通り本当に少量の荷物をぶら下げることしかできず、リアキャリアもそのままでは紐で積載する必要があるため非常に面倒です。

本当にカブをただの足として使うつもりならリュックをからうだけでも良いですが、ちょっとでもお買い物やツーリング等で使用するならリアボックスはもはやカブにとって必須アイテムといえます。

手軽に積載力をあげる手段としては前カゴが最強ですが、大量に積載するとハンドルをとられて運転しにくかったり、ライトを遮ったりしてしまうので、やはり私はリアボックスの装着をオススメします。

ただ、リアボックスと一言で言っても様々なタイプのものがあるので、私が知っている限り定番のものをコメントを添えて紹介していきます。

みかん箱、採集コンテナ


採集コンテナ(オレンジ)

みなさんもよく知っていると思う通称「みかん箱」。人によっては「採集コンテナ」と呼んでいる人もいます。

畑の広がる地域などで、よくこのみかん箱を装着しているカブを見ることがありますね。

なんだか生活感満載ですが、カブとみかん箱の組み合わせってとても似合うんですよね(笑)

■価格

630円程度

■重量

約1.5kg

■容量

約46L

<みかん箱のメリット>

・紐で簡単に装着できる(多分リアボックスの中で最も装着が容易)

・蓋が無いので、簡単に物を出し入れすることが可能

・価格が安い

<みかん箱のデメリット>

・鍵をかけることができないので盗難の心配アリ

・蓋が無いので雨天時はそのままでは荷物が濡れる

◎こんな人にオススメ♪

カブを日常の足として使う人

木箱


山善(YAMAZEN) 木製 収納ボックス 木箱(無塗装)S 深型

木箱はカブの色によってはとても似合います。

出来合いのものを積載する人もいますが、自分で作る人もいます。

取り付け方法は無限大です。

これは使いやすさ重視というより、見た目重視なボックスですね。

■価格

無限大

■重量

無限大(だが大体2kg程度?)

■容量

無限大

<木箱のメリット>

・オシャレ

・カスタム感がある

<木箱のデメリット>

・雨には弱い

・実用性としては微妙

◎こんな人にオススメ♪

とにかくオシャレにしたい人

純正ビジネスボックス


Honda(ホンダ) ビジネスボックス:ワンタッチロックタイプ

働くカブによく装着されています。

鍵付きなので、防犯面では安心です。

鍵の開け閉めが簡単なワンタッチロックのものと簡易ロックタイプの2種類が選べます。

難点としては働くカブと被ってしまうこと(ダジャレではない)と価格でしょうか・・・。

■価格(定価)

ワンタッチロックタイプ14,040円(税込)

簡易ロックタイプ9,612円(税込)

■重量

3.86kg

■容量

約58L

■許容積載量

10kg

<純正ビジネスボックスのメリット>

・鍵付きなこと

<純正ビジネスボックスのデメリット>

・価格が高いこと

・ビジネス感満載になってしまうこと

◎こんな人にオススメ♪

・目立ちたくない人

・ビジネス用途でカブを使う人

純正ラゲージボックス


ラゲージボックス ブラック HONDA(ホンダ)

こちらも「純正ビジネスボックス」と同様、働くカブでよく見かけるボックスです。

純正ビジネスボックスと大きく違う点は、ビジネスボックスが樹脂製なのに対してこちらがスチール製な点です。

さらにこちらは上面の蓋部分が平らになっているので、ボックスの上で伝票などの記入が可能になっています。

鍵もついていて便利なのですが、やはり働くカブとの同化を免れないことと、重量が・・・。

■価格(定価)

9,712円(税込)

■重量

6.34kg

■容量

約39L

■許容積載量

10kg

<純正ラゲージボックスのメリット>

・頑丈なこと

<純正ラゲージボックスのデメリット>

・重量が重いこと

・価格が高いこと

◎こんな人にオススメ♪

・この見た目に魅力を感じた人

・とにかく頑丈さを求めている人

アイリス箱


アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 密閉 カギ付 460

カブのリアボックスとして、おそらく一番多くの人が選んでいるボックスでしょう。

ちなみに、私もこれを塗装して使っています。

鍵付きで防犯面でも安心です。

取り付け方法は、ベルトでの取り付けもできますし、穴あけ加工など工夫すればベルト無しでの取り付けも可能です。

耐荷重が80kgあり、踏み台やイスとしても使用できます。

丈夫さ、使い勝手、価格の3要素を満たす、ある意味最強のボックスといっても過言ではないでしょう。

迷ったらコレです!

■価格

2,000円程度

■重量

1.9kg

■容量

約30L

<アイリス箱のメリット>

・軽い、安い、丈夫、使いやすい

・カスタムの幅が広い

<アイリス箱のデメリット>

・特になし

◎こんな人にオススメ♪

・手軽に鍵付きボックスを取り付けたい人

・間違いないボックスを取り付けたい人

アイリス コンテナボックス


アイリスオーヤマ コンテナ バックルコンテナ BL-45

こちらもアイリスオーヤマ製ですが、大きく違うのはよりシンプルなこと

鍵は付いていないので、そのままでは心配ですが少し加工すれば南京錠等で鍵をかけられるようにはできます。

サイズも小さなものから大きなものまでたくさんあるので、ニーズにあったサイズを選ぶことができます。

ただ、そのままでは蓋がまるごと外れるので普段の用途としては開け閉めが大変です。

丁番を取り付ければ解決ですが、少し加工が面倒です。

逆に、キャンプ時など一時的にベルトで固定する場合は、こちらの方が蓋も全部取れますし、テーブル代わりに使用できたりするので便利だと思います。

■価格

1,600~2,500円程度

■重量

1.3~2.48kg

■容量

21~66L

<アイリス コンテナボックスのメリット>

・サイズが豊富なこと

<アイリス コンテナボックスのデメリット>

・鍵がついていないこと

・日常的に使用するとなると加工が必要なこと

◎こんな人にオススメ♪

・シンプルな外見のボックスを求めている人

・キャンプツーリングメインな人

巨大ボックス


Astage(アステージ) ホームボックスライトグレー 620

蓋の開け閉めが簡単で、とにかく容量の大きなボックスを求めているならコレです。

日本一周をしている人が使用していることが多いですね。

鍵は付いていませんが、物によっては南京錠を通すための穴が開けられているものもあります。

容量が大きいのは確かに便利なのですが、それ故の難点としては、横風に弱くなることですね・・・。また、向かい風では最高速度も落ちてきます。

正直、ノーマルタイプのアイリス箱でもこれは感じることがあるので、ここまで大きなボックスになると影響も相当だと思います。

■価格

1,700~2,400円程度

■重量

2~2.74kg

■容量

約60L

<巨大ボックスのメリット>

・とにかく容量が大きいこと

<巨大ボックスのデメリット>

・風に弱くなること(特に空荷の時)

◎こんな人にオススメ♪

日本一周など旅に出たい人

JMSラゲージボックス


JMS ジェイエムエス トップケース・テールボックス NEW ラゲージL

見た目の美しさでこれに勝るボックスはありません。

鍵も付いていて防犯面でも安心です。

カワイイ・オシャレなカブに仕上げたい時はこのボックスにしておけば間違いないでしょう。

難点としては、価格と重量ですね・・・。

<JMSラゲージボックスのメリット>

・見た目が美しいこと

<JMSラゲージボックスのデメリット>

・価格が高いこと

・重量が重いこと

■価格

15,000~23,000円程度

■重量

2.22~6kg

■容量

39~65L

◎こんな人にオススメ♪

カワイイカブ・オシャレなカブを目指している人

集配用大型キャリーボックス


集配用大型キャリーボックス 白

郵政カブ好きな人なら一度は憧れる、あの大きな集配用ボックス・・・。

そんな人にオススメなボックスです。

色が白色になっているだけで、郵政カブについているのと仕様は同じです。

なので鍵も付いていますし、容量も3段階に調整可能です。

ただ・・・大きいし高い!!

■価格

約47,000円

■重量

7.2kg

■容量

110(最小時)~148(最大時)L(3段階調整可能)

■最大積載量

40kg

<集配用大型キャリーボックスのメリット>

実質郵政カブについているのと同じなこと

<集配用大型キャリーボックスのデメリット>

・とにかく巨大なこと

・価格が高いこと

◎こんな人にオススメ♪

郵政カブに憧れている人

まとめ

以上、カブ定番リアボックスのまとめでした。

リアボックスを取り付けると一気にカブの便利さがアップしますよ~♪

もるもる君
もるもる君
わ~お!本当にいろんなタイプのボックスがあるんだね!

わらび君
わらび君
みんなもお気に入りのボックスを見つけてみてね♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする